間柱の役割について〜だいしん猫の現場探訪〜 Part2

好奇心旺盛な「だいしん猫」が

家づくりの現場で感じたナゼ?どうして?をリポート!

大工さんや職人さんに直接トコトン質問します。

今回も家を建てる時に知っておいてほしい耳寄りな情報を

お伝えします。

第2回目は「間柱(まばしら)」について、だいしん猫が聞き込みしていまぁす♪

だいしん猫:ねえねえ大工さん。柱と柱の間に入っているこの木はどんな役割があるの?

大工さん:柱と柱の間に入っているこの木材は、「間柱(まばしら)」と言うんだよ。

普通は3cm幅の木材を使う事が多いんだけど、大進建設では、4.5cmの幅の木材を入れているよ。

外壁に用いるサイディングは重たいのでその重さを支える為にも、しっかりとした下地にしたいんだ。

そのために間柱の幅を大きくして、荷重にも強い壁を作っているんだよ。

内部壁側はプラスターボードと言う断熱・遮音性に優れている丈夫な板を貼るんだけど

これをビスで止める時にも間柱の幅が大きいと、しっかりとビスを固定する事が出来るんだ。

だいしん猫:なるほどね~!間柱ってそんな重要な役割があるんだね!

詳しく教えてくれてありがとう♪また近いうちにお邪魔しましまぁす♪

関連記事

  1. 高断熱・高気密の家について~だいしん猫現場探訪Part3

  2. 外壁パネル工法と木造軸組み工法~だいしん猫現場探訪Part5

  3. 柱の文字について~だいしん猫現場探訪 Part7

  4. 梁の役割と大きさについて〜だいしん猫の現場探訪〜Part1

  5. セルロースファイバーについて~だいしん猫現場探訪Part6

  6. 壁の断熱材について~だいしん猫現場探訪Part4

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。