【棟上げしました!編】

お天気問題は仕方のないもので、、、当初予定していた棟上げが雨の予報で延期になってしまいました。
大工さんが敷いてくれた土台が、今か今かとその日を待っています。
(私も待っています。)

数日後、無事に上棟日を迎えました!

朝からお天気!!(よかったー!)
学校がお休みの日に延期になったので、子ども達も一日見学出来ました。結果オーライです。

早い時間から10名の職人さんが集まって下さいました。ありがとうございます。
木材は事前に現場に入れて貰っていました。何がどの部材なのか、、、

挨拶をして、8時から工事が始まりました。

クレーンの職人さんと大工さん達が、あうんの呼吸で組んでいき、一気に柱が建っていきます。

ひと際長い柱は「通し柱」と言って、一階と二階をつなぐ構造上大切な柱です。

一階の柱が全部建ったら、二階の床を組んでいきます。

続いて、二階の柱、梁、桁。

屋根の一番てっぺんの材を「棟」と言います。
それが上がるのでこの日を「棟上げ」と呼ぶそうです。

日出のお弁当と言えば「でか弁」!ということで、お昼はおにぎり弁当を用意しました。
祖母がお赤飯のおにぎりもつくってきてくれたので、おにぎり祭りです(*^-^*)
(おなかすいてるあるあるで写真は撮り忘れました。)

午後も工事は続きます。

屋根の野地板も貼って頂き、17時から室内で上棟式を行いました。

次の日が雨の予報なのでブルーシートで雨養生して、瓦屋さんがルーフィングまで貼ってくれました。

折りの弁当は杵築の若栄屋さんのお弁当です。
(これも例によって写真撮り忘れです。凄く美味しかったです!)

一日現場で見学していましたが、職人さんが本当に手際よくお仕事して下さいました。ありがとうございました。
土台敷きまでは正直、家のイメージ出来ずにいましたが、柱が建つと圧巻で、いよいよだな・・・と感慨深いものがあります。

次回は、木工事の現場報告と、給付金についてです。

関連記事

  1. 【土地を探す編】大進建設で家を建てる。

  2. 【完成!引き渡し 編】

  3. 【木工事の現場報告➁ 編】

  4. 【木工事の現場報告①と、給付金について 編】

  5. 【型枠工事・コンクリート打ち編】

  6. 【木工事➂・クロス工事・外壁仕上げ編】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。