大きなダイニングテーブルが出来るまで。

昨年のGWはお休みが長くて、「来年のGWは、短くて物足りなく感じてしまうんだろうな」なんて、思っていましたが・・・皆様、ステイホームの時間をいかがお過ごしでしょうか。

今回の新築のお家には、家族みんなが揃って集える、作り付けの大きなダイニングテーブルが入ります。
システムキッチンを囲んだⅬ字の形で計画。そのテーブルが出来るまでをご紹介したいと思います。

特注のテーブルは、日出町の浅倉家具さんにお願いしました。

 

社長と家具職人さんとで打ち合わせ。
木は時間が経つと、反りやねじれが出るので、その性格を考えながら・・・

3枚の集成材をくっつけていきます。
板のつなぎ合わせる面の共通位置に「実溝(さねみぞ)」を入れ、溝に合わせて「実(さね)」をつくり、これを挟んで接着します。接着面積が増えてしっかり接合するそうです。

幕板や反り止めの桟を付けて。

角を落として、丁寧にヤスリを掛けていきます。綺麗ですね(*^^*)

ウレタン塗装とペーパー掛けを何度も繰り返し、手になじむ美しい仕上がりに。
脚を付けて現場に搬入して下さいました。

次は、大工さんにバトンタッチ!
丸柱の形に合わせてカットしたり、お施主様のアイデアで足元に収納棚を設ける事になったので、現場施工で仕上げていきます。

「画で描くのは簡単やけど、造るのは大変よー」と、職人さん。
でも、知恵と技術を出し合って、世界に一つだけのダイニングテーブルが出来上がりました。
さっすが!職人さんたちです!!

 

このテーブルが、お施主様ご家族の楽しいおうち時間の中心にありましたら、嬉しいです(^^)
職人さん達、本当にありがとうございました!

関連記事

  1. 現場報告・完成写真撮影

  2. 現場報告・梅雨入り

  3. 現場報告と、パキラ

  4. 一気に冬景色!

  5. 現場報告と、コンセプトBook出来ました!

  6. 現場報告と、HPが少し変わりました(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。