【グリーン住宅ポイント制度が閣議決定】

R2.12月18日(金)

グリーン住宅ポイント制度が閣議決定されました。
新築最大40万pt (一定要件を満たす場合、新築最大100万pt)

制度の目的・概要
高い省エネ性能の住宅取得者等に対して、「新しい日常」等に対応した商品や追加工事と交換できるポイントを発行することにより、住宅投資を喚起し、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図る。

「新しい日常」に資する追加工事
【働き方改革】
ワークスペースの設置(例/リビングダイニング、寝室などへのワークスペース設置・間取り変更、増築、など)
音環境改善(例/遮音タイプのドアへの変更、内壁の防音工事、など)
家事負担軽減(例/ビルトイン食洗器、掃除しやすいレンジフード、浴室乾燥機、宅配ボックスの設置、など)

【感染予防】
菌、ウィルスの拡散防止(例/非接触型水栓、玄関回りの洗面所、立水栓設置、抗菌・抗ウィルス準備適合建材、など)
換気設備(例/同時給排気型換気設備、換気・通風機能付き玄関扉、など)

あわせて、【防災に資する追加工事】も対象になっています。

ご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

大進建設(有)

関連記事

  1. 【社長の日記】省エネ性能 説明義務化について

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。