現場報告(立ち上りコンクリート打ち)

立ち上り部分のコンクリート打ちが終わりました。

このように底盤の上に、立ち上がりのある基礎を

「ベタ基礎」と言います。

家の荷重を底盤全体で受け止め、面で支えてくれます。

立ち上り部分のコンクリートが乾き、型枠を外した後は

ポーチやテラス部分のコンクリート打ちを行います。

それが終わると、いよいよ上棟にむけての土台敷き!

大工工事の始まりです。

関連記事

  1. ラクテンチ

  2. Yoshitruの日記(番付け作業)

  3. 平成生まれ

  4. 1501

  5. 栗の渋皮煮

  6. だいしん通信10月号

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。