君たちはどう生きるか

『君たちはどう生きるか』は1937年に出版されたそうです。

主人公は中学生「コペル君」とその叔父さん。

世の中や生きる意味について徐々に自分の頭で考え始めたコペル君を

叔父さんが導いていくというのが主なストーリーです。

まだ途中ですが、この叔父さんが素晴らしい!

まんがなので読み進めやすいのも○です(笑)

おすすめの1冊です

関連記事

  1. 安全祈願、そして家内繁栄のために、、、

  2. 災除箸(ひばし)

  3. おおいた木の良さを生かした建築賞

  4. 盛長さんも迷彩柄~♪

  5. おしりつねり

  6. 平成30年度倫理経営講演会

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。