大進建設の家づくりの流れ

家づくりは、多くの人にとって初めての体験です。

どんなお家を建てようか?とわくわく考える時間もあれば、土地・資金の事・届け出・・・複合的な課題も多く、また情報の多さに翻弄されることも多いのではないでしょうか。

私たちは、日出町に事務所を構え、近隣の身近でお役に立てる設計事務所を目指し、自由設計の木の家づくりに携わってきました。
大手の住宅ビルダーさんのような、営業・広告は出来ません。
ご縁を頂いたお客様と二人三脚で、じっくりと家づくりをしていきます。

こちらでは、

1.お問い合わせ~ご契約
2.ご契約~お引渡し(アフターフォロー)

の2つに分けて、お客様との出会いから、家づくりの流れ、完成までの流れをお話ししたいと思います。
ぜひ、ご参考にされてください。

先にもお話しましたが、私たちは広告・営業は行いません。
それでも24年間続けてこられたのは、素敵なご縁を頂き、お客様に恵まれたからだと思います。
ネームバリューこそありませんが、子の代・孫の代まで残せる、しっかりとした家づくりでお客様からご縁、ご指示を頂いております。

 

お問い合わせ

1.資料請求
こちらのホームページをご覧頂き、気になって頂けましたら、無料の資料セットがございますので、一度手に取ってご覧下さい。地元の工務店の目線でまとめた、土地探しや資金計画など、家づくりに必要な頼もしい資料や、施工例が満載の冊子など、お客様の家づくりのご参考になりましたら幸いです。

2.電話、メールでのお問い合わせ
家づくりに対する質問・ご相談、ご来店のご予約など、お気軽にお問合せ下さい。
お急ぎの場合はお電話が確実です。

3.直接、事務所に ♪
大進建設の事務所は、日出町中央公民館のすぐ裏にございます。
入り口が少し分かりづらいですので、公民館までお越し頂き、お電話頂けましたらお迎えにあがりますよ(^^)
是非お気軽にお越しください♪ お茶を飲みながら、ゆっくりとお話をお聞かせ下さい。

 

家づくりをお考えになったきっかけは、何でしょうか?ご家族それぞれの理由があると思います。
家族構成も、生活スタイル・趣味、将来のライフプラン、「これだけは!」と、言うこだわりもそれぞれです。

私たちは、ご家族の思い描くこれからの暮らしを、一緒に形にしたいと思っています。
今は想像上でうまく固まっていなくても大丈夫です。「こんな事、、お話してもいいのかしら」と遠慮なさらず、どんな些細な事でも構いません。趣味の事、ペットの事、今お住まいの家で気に入っている所、お茶を飲みながら、是非じっくりとお聞かせ下さい。

図面、お見積もり

じっくりとお話を伺った上で、お客様と同じ目線建築家の目線(構造、耐震、生活動線の使いやすさ)で、ライフプランに合わせた図面、概算のお見積もりを提出致します。

図面が出来上がったからこそ気が付くこともあります。ご家族で意見を出し合い、改めてお気づきの点をお聞かせ下さい。
ご納得頂ける形になるまで、何度でも書き直し、トコトン!お付き合いさせて頂きます。
建築現場の構造見学、OBお施主様のお宅へのご案内も可能です。

合わせて、土地・資金計画・住宅ローンのご相談もお気軽にお申しつけ下さい。
家づくりに関する、様々なお悩みをサポート致します。

 

ご契約

お打ち合わせを重ね、ご提案にしっかりとご納得頂けましたら、ご契約となります。

ご契約まではこのような流れになります。

じっくりと時間を掛けてお打ち合わせの時間を設けております。
ご家族の想い・疑問、是非じっくりとお聞かせ下さい。

本設計・図面作成

ご契約頂いたプランで工事を進めていく為に、本設計の図面を作成していきます。
構造の安全性は、プランの段階から考慮しご提案していますが、本設計で再度煮詰めて図面に起こします。

 

地鎮祭

建築確認申請の確認がおりると、地鎮祭をとり行います。

日本人は、神様がいると信じてきました。
地鎮祭は、神主さんを通して土地の神様に「ここに家を建てて住まわせて下さい。安全に工事が終わりますように。家族が安全に暮らせますように。」と、お願いをします。
お子様のいるご家庭は、是非ご一緒に参加されて下さい。大人になっても良い思い出になりますし、良き日本の文化の継承にも繋がっていきます。

 

基礎工事

地鎮祭を終えると、基礎工事に入ります。
地盤が弱いと、建物の重さで地盤が沈み、建物が倒壊する危険性があります。事前に地耐力を検査して、地盤改良が必要な時は表層改良工事か杭打ち工事を行います。
地盤改良が終わるとコンクリートの基礎工事を行います。

 

棟上げ・上棟式

大進建設では、木造軸組構法で建築していきます。
構造材をプレカット工場で加工しておき、現地に搬入して、棟上げ日当日、数人の大工さんで一気に組み上げます。圧巻ですよ!
棟上げ・上棟式とは、屋根の頂部の「棟木」が無事に納まった事を、4人の神様(木の神様・家屋の神様・職人の神様・建築の神様)に報告し、それを喜び、感謝するお祝いです。

上棟が終わると、
・木工事(内部造作工事)
・屋根工事
・外壁工事
・電気、給排水などの設備工事

と進んでいきます。

大進建設では、高気密高断熱の家づくりに取り組んでいます。

詳しくはこちらからご覧ください。

  高気密高断熱の家づくり ≫ 

  省エネ住宅への取り組み ≫ 

 

私たちは、お客様とお打ち合わせをした一級建築士が、現場監督も行っていきます。

設計図通りに施工が進んでいるのかの確認はもちろんですが、お客様の想い、こだわりを、直接現場の職人さんに伝え、形にする事が出来るのは大きな強みです。また、現場をよく知る監督だからこそ、お客様とのお打ち合わせ中のお悩みも迅速にお答えしていきます。

建築中の現場には、お時間ございましたら是非お立ち寄り下さい。
私共で適切に建材や金物が使われているか、確認のお写真を撮影してお客様にお届けしますが、完成すると隠れてしまう壁の中、床の下、お住まいになるお家です、どんな風に出来上がっていくのか、建設中の空気を一緒に味わって頂けたらと思います。
また、職人さん達も、お施主様に喜んで頂ける事が『やりがい』であり『幸せ』です。

木工事が終わると、
・クロス張り
・建具(襖・畳など)の取り付け
・器具(照明・コンセントなど)の取り付け工事
・外構工事
と進みます。

お掃除が終わりましたら、お施主様の検査、手直し工事、
大進建設とお施主様とで最終検査を行います。

お施主様の検査を経て、竣工・お引渡しとなります。

 

アフターサポート

家は、完成してからがスタートです。
お施主様に、快適にお住まい頂けますように、毎年お家のお誕生月には無料点検のご案内を送らせて頂いております。
また、お気づきの点がありましたら、いつでもご連絡下さい。すぐに駆け付ける事が出来るのも『地元の身近でお役に立てる設計事務所』の良いところです。

毎月、スタッフからのニュースレターもお届けしております。
こちらも是非お楽しみください。

 ニュースレター『だいしん通信』