あったかいんだから~♪

 

 

 

 

天井裏へセルロスファイバー180mmを吹き込む工事の様子です。

グラスファイバーを敷き込む工法では、どうしても隙間が生じますが

この工法を用いると、隙間なく均一にセルロスファイバーが吹き込まれるので

断熱性能を最大限に発揮する事が出来ます。 黒谷尚輝

次々に良い工法が生まれていますね~

これから建てられる方!どうぞ参考にされて下さい

関連記事

  1. 現場報告

  2. 【家づくり】家を立てるのに必要な費用について

  3. シマッタ

  4. 1501

  5. バナナシフォン

  6. 共に白髪の生えるまで

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。