今回、二世帯住宅を施工されたK様ご家族。
お施主様ご夫婦(お子様2人)とお父様、お母様にお話を伺いました。

ご契約までのお話をお聞かせ下さい。

【お施主様】家を建て替えようと決めてから、最初は工務店、ハウスメーカーのどちらにお願いしようかと悩みました。
まずは住宅展示場に行ってみたのですが、結果的に二世帯で大きい家になるだろうから、ハウスメーカーではなく、工務店で自分たちの暮らしに合った設計をお願いしようと決めました。
近隣市町村の工務店のHPを手あたり次第探し、良さそうなところから行ってみよう!と決めたんです。

「自然素材を使った家」を建てたいと言う条件が1番にあり、HPを見ていたのですが、施工例で一番目についたのが大進建設でした。電話で問い合わせをして事務所へ訪問しました。

自然素材を使うと一言で言っても、いろんな形があると思うんです、それによって金額も変わってくる.
社長とお話する中で、(おだてるわけではないんですが。笑)バランス感覚が良い人だな。という印象を持ちました。
一発目から、もう他を当らなくていいなと思って、話をそのまま進めていった流れです。

【お父様・お母様】これからもずっと、夫婦二人暮らしかなと思っていたので、思いがけず息子夫婦が一緒にと言ってくれたのが本当に嬉しかったです。近所の人も良かったねと言ってくれます。
夫婦一緒に仕事をしてるから、24時間一緒で・・・。家に帰って孫の顔を見るだけで元気が出るし癒されます。疲れて帰っても顔を見たらふっと疲れが抜ける。ありがたいなーって思います。

(お孫さんにとっても、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らすって言うのは良いことですよね。奥様はいかがですか?)

【奥様】主人が決めた事なので、賛成でした。それに、大進建設の事務所が私の実家に近いというのも安心でしたし、日出町での施工例もたくさんあったのでいいなって思っていました。

工事が始まってからの思い出を教えてください。

(一番暑い時期の工事。職人さんたちに冷たいお茶を差し入れて頂き、ありがとうございました。)

【お父様】自分も汗をかく仕事だから。

【お母様】大工さんがとても話しやすくて、工事中も現場に行きやすかったです。ちょっと時間があったら行ってみようかなって。
仕事の手を止めさせて悪いなと思いながら、でも行ってしまう。

【お施主様】そういえば先日、屋根の納まりを見に来てくれたんですよ。今の現場と納まりが同じで確認したかったって。
家の場所が遠いので、立ち寄ってくれてありがたかったです。

(ファンが多い大工さんなんですよ。)

【お母様】休みの日も段取りを組んで来てくれて、とても熱心で、職人さんとして信用できますよね。

 

 

住み心地はいかがですか?

【お母様】居心地がすごくいいです。近所の人にも『新居はどう?』って聞かれるから『快適です!』って言ってます。

(この冬の寒さはいかがでしたか?蓄熱暖房機のご感想は?)

【お父様】友達が来ると「これ何?」って絶対に聞かれます。(笑)
そのたびに説明するのが大変ですが、すごく暖かくていいですよ。灯油を買いに行く手間もないですし。

【お母様】家が暖かいから軽装で外に出たら、え!今日こんなに寒かったの?ってビックリします。
遊びに来たお友達も、暖かくて良いなあって言ってくれます。それに、寝室まで暖かいから布団が一枚減りました。

【お施主様】上の子が毎朝、「今日は寒いかなー?」って一度外に出て確認するんです(笑)

(保温力のある家にはピッタリの暖房器具ですよね。夏の冷房効率も楽しみですね。)

 

マイホーム検討中の方へ一言お願いします。

【お施主様】マイホーム検討中の方への話ではないかもしれませんが、ハウスメーカーだと味気ないし、注文住宅が差別化を図って「自然素材を使って・・・」とか色々と特色を出そうとしていますよね。
お金を払えば、たぶん良い家ってできるわけで、あれもこれもすべて自然素材全部使って建てることが出来る。

人の価値感ってそれぞれ違う中で、話をしながら我々の望んでいることをうまくバランスを取りながら進めてくれたり、こちらが細かく言わなくても、しっかりとこだわりを持って造ってくれたところは、大進建設に頼んでよかったなと言うところです。実際、そういったことが頼む側としては一番ではないでしょうか。
「これ、どうしてたらいいんだろう?」と迷うことが多い中で、うまく誘導してくれたり、選ばせてくれたと言う所が非常にバランスよくして頂いて、個人的にはとても助かりました。

一緒に造るという感覚があったので、とても楽しかったですし、もう完成してしまって、ちょっと寂しいような・・・、住むのは快適なんですけど(笑)
1年~1年半くらい色々と連絡を取りながら、工事が進む中でいろんな職人さんが入れ替わり施工するところを見て、いい経験になったし、僕も人として勉強になりました。
大変ではありましたけど、楽しい思いをさせてもらったな。という思いが大きいです。だから、よそで建ててないからわからないですけど、
後悔と言うのはほど遠い・・・もう、大満足です。
ファーストコンタクトから、「あ、大当たりやったな」と思います。

(嬉しいお言葉で、ありがとうございます。何か気になった事はなかったですか?)

理屈で考えるよりほとんど感覚で決めさせてもらうことが多くて、「しまった!」と思うことはなかったです。
一個ぐらい悪いことあった方がいいよね。

二世帯住宅で住むこと。

【お父様・お母様】建て替える前の家は、夫婦二人で住んでいたので、新居に引っ越しを機にかなり断捨離しました。私たちにとっては終活ですから。
二世帯住宅の方が、親の終活が早くできるんじゃないかなって思います。
自分たちも両親の片付けがなかなか出来なかったから、家が以前のままだったら、息子夫婦がかなり大変になったんじゃないかと。
それが、すっきりして、良い節目になりました。

孫がね、夜、トントントンって廊下を走ってくるんです、ごはん時にはお箸も持ってくるんですよ。
走ってきて、ドアを背伸びして開けるんです、それが可愛くて楽しみ。

 

嬉しそうにお孫さんの話をされる、ご夫婦の顔が印象的でした。
お孫さんの成長を、私たちも楽しみにしています。

 

こんなお話も頂きました。

☆シューズクロゼット
玄関入って真正面はボックス収納で綺麗に見せて、奥の荷物が見えない設計。奥に広く、すっきりと見える玄関。

 

☆リビング内にクロゼット
子どもの道具やおもちゃが片付く。
☆1階廊下にウォークインクロゼット
着替える為に2階に上がらずにすむのと、取り込んだ洗濯物をすぐに仕舞えるので、家事の動線が楽です。