大進建設を知った時期、そのキッカケを教えてください。

以前より面識はありましたが、大進建設の社長が共通の知人Kさんと話しているところに、主人がたまたま立ち寄ったことがきっかけです。

その後、家づくりの相談をさせていただきました。

契約する前にどこで建てるのか迷いましたか?

当然迷いました。建設業に携わっていることもあり、取引先の建築会社にプランを提案してもらい見積りもして頂きました。

選ばれた理由、などを教えてください。

今回は建て替えであり、以前の家が純和風の佇まいでした。和風庭園や玄関脇に蔵が建っており、和風モダンなものでないと釣り合いが取れないと感じていました。そんな折、大進建設さんのホームページを拝見しましたら、和テイストの家づくりが圧倒的に多かったのと、大進建設さんが施工されたお宅にお伺いして、ふんだんに木を使った家を実際に見て、ここなら意に叶った家づくりができるのではないかと思ったからです。

ご依頼していただいた中で、一番良かった点はどこでしょうか?

一つに絞るのは難しいですね。

トイレとお風呂をLDK側に寄せたことで動線が良くなり生活しやすくなりました。思い切った広々空間のLDKもすごく気に入っています。下がり天井や建具もこだわりましたが満足のいく仕上がりとなりました。何より家全体が以前より明るくなり気持ちよく暮らせています。

最初に想い描いたのは 「人が集う家にしたい」孫が来て、元気に遊ぶ姿をゆったりと見守れるような家が理想でした、先日孫の誕生日パーティーをしたのですが、子供達は食べ終えたあとリビングから廊下に抜けてぐるぐると走り回って遊んでいました。子供たちがいて遠見しながらこんなにゆっくりの食事は久しぶりだよねって、家族で笑いながら楽しい時を過ごしました。本当に自慢の広々空間の我が家です。

印象に残っている家づくりのエピソードを教えてください。

当初は円柱の大黒柱を使う予定だったのですが、社長からケヤキの大黒柱はどうでしょうか?と提案をいただきました。

大進さんの安心院倉庫からわざわざ柱を見せに持って来て下さいました。まだその柱は磨いていていない状態だったのですが、社長から今時こういう木はなかなか手に入らないといったお話しと、ケヤキ30センチ角柱のボリュームに似合う家は中々ないのでぜひ使って欲しいとのお言葉もいただき、使用することに致しました。そして今、圧倒的な存在感を放っております。

施工中のエピソードがあれば教えてください。

大工さんを始め出入りした業者さん方みんな良い人でした。下職さんは変えないようにすることが大進建設のポリシーということで、業者さん同士が顏馴染みで仲良かったことが好意的でしたし、「この大工さん腕がいいんで」と言ってくれたことが印象的でした。多くの人が携わってくれました、皆さんいい仕事をして下さったと思っております。工期は多少長くなりましたが、見て頂ければ納得されるのではないかと思います。

工事進行中に、棚の高さや幅などその都度確認して下さったことも有りがたかったです、大手ハウスメーカーでは融通が利かないとお聞きしていた変更なども、心よく対応して下さり感謝しております。

「作り手と頼み手がいい波長で造れたから楽しかったし、私の提案を受け止めてくれて嬉しかったです」これは大進建設の社長さんの言葉ですが、私共にとっても有り難いお言葉です、この家は大進建設さんと私共のコラボ作品だと思っています。いい家が欲しい、いい家を造りたいという双方の想いが形になったと思っています。本当に 納得のいく家づくりが出来ました。

 

最後に家づくりに悩んでいる方に、一言メッセージを頂けないでしょうか?

想いは形になることを実感させていただきました。

多少無理を言ってもそれをしっかりと受け止めて、理想に近づけてくれる業者さんを選ぶ事が大切だと思います。