ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギーハウスの略称です。住宅の断熱性・省エネ性能を上げ、太陽光発電などでエネルギーを作り、一年間で消費するエネルギー量の収支がプラスマイナスゼロ以下になる住宅のことをいいます。

政府は2014年4月の閣議決定『エネルギー基本計画』において、「住宅については2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロになる住宅(以下「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しました。

大進建設有限会社では、2020年度に向け以下の普及目標を掲げ、ZEH支援事業に積極的に取り組んでいきます。

【ZEHの周知・普及に向けた具体策】

ホームページやSNS、チラシなどを通じて、多くのお客様にZEH住宅を知っていただけるようにします。

【ZEHのコストダウンに向けた具体策】

お客様との打ち合わせの段階から、より快適で無駄のない設計を心掛けます。

また取引先と協力し、施工費用のコストダウンを図ります。

費用対効果を考慮し、より最適な建材の使用、より最良な方法での施工を目指します。

【その他の取り組みなど】

ZEH住宅に関する研修や勉強会に積極的に参加し、知識の向上に努め、お客様に最新の情報を提案できるようにします。