広々二世帯住宅 数奇屋住宅

広々二世帯住宅 数奇屋住宅

数奇屋は、茶室建築の手法を取り入れたもので
茶席・勝手・水屋が一棟にそなわった住宅です。

趣味の骨董品をおける飾り棚でおもてなし!

書院付きの和室・床の間で床柱にはカリンを使用

・キッチンからダイニングを見渡せるデザイン
・ヒノキの無垢材の節無し柱を使用しています
柱の寸法も150mmで一般的な柱よりも太く
木の暖かさを感じていただけます。

茶の間には奥の壁面と出窓下を
物入れにしており収納力がアップ!