夢のマイホームを建てる8つのポイント

この度は、ホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます!

大進建設は、平成8年8月8日設立以来、
お客様のお役に立てる身近な設計事務所をモットーに仕事をしてきました。
こちらでは理想の住まいを手に入れていただくために、
お客様とのお約束を、動画にてお話しさせていただいております。
動画はこちらをクリック

1.夢のマイホームを建てる8つのお約束

【お約束1】家族の想いを忠実に再現!

家族みんなで話し合いをした時に出てきた夢や希望を私たちにすべてお伝えください。
家づくりに携わってきた「私たちの知識」を織り交ぜながら、コストパフォーマンスを考えて、ご予算に合わせて設計いたします。
デザイン性に優れた設計はもちろん、間取りの要望を上手に汲み取りながら、暮らしやすさとのバランスの取れた住宅を実現いたします。

夢をカタチに大進建設がお手伝いいたします。

【お約束2】打合せから完成まで一人の建築士がお手伝い

通常の住宅会社では、営業担当者が打ち合わせを重ねて、
契約にいたると現場担当者に引き継がれます。

このとき図面や文章で、引き継がれるわけですが、
今まで打ち合わせをした細かな内容やニュアンスまでは伝わりにくく、
これが工事中のトラブル不信感を招くことになります。

これは、一人の担当者が担当すれば、解決できる問題ですが、
大手住宅会社では、経営の能率から分担作業になることがほとんどです。

また、着工して家を建築してくれるのは、多くの職人さんたちです。
図面通りに造るだけでなく、お客様の想いや願いを職人さんに伝えて、
お客様の夢のマイホームに込めた熱意を反映させることができるのは、
最初から打ち合わせを重ねた担当者だけです。
 
一人の担当者がお客様と打ち合わせを重ねて、
現場担当も同じ人が行うことが一番間違いのない方法なのです。

当社では、打ち合わせから完成まで一人の建築士が対応できることが他社にない強みです。

【お約束3】自然素材を使った家づくり

人は木に癒されるのではないでしょうか?

湿気の多い季節は、湿気を吸い、少ない季節は放出してくれます。同様に、漆喰や珪藻土の壁材も調湿効果に優れた建材です。この調湿効果が室内の空気を爽やかにして、快適と感じるわけです。

日本人は、昔から自然と共に暮らしてきました。
自然を感じて暮らしたいというのは日本人の根本的な欲求ではないでしょうか?
自然素材の準備はできています。

子供を育てる最高の環境である、自然素材を使った家づくりで
快適な癒しの空間でお過ごしください。

『子供の安心して育てられる家づくり』これが私たちの想いです。

 

【お約束4】確かな設計で耐震住宅

平成28年4月熊本地震のとき、現行の基準法で建てられた住宅が数棟全壊したのをご存知でしょうか?
これは、お客様の希望通りに建てたことにより、柱の直下率(二階と一階の柱の揃っている率)が低くなってしまったことが原因と思われます。

私たちはお客様とプランニングをするとき、
耐震性を左右する構造を同時にかんがえて設計します。

あなたは、建築基準法を満たしていれば大丈夫と思っていませんか?

【お約束5】バリアフリーに徹底的にこだわる

一口にバリアフリー住宅といっても、お客様はさまざまで、
一人一人のお客様にあった設計が必要となってきます。

健常者であってもいずれ体の衰えと共に住宅の不具合が発生してきます。
そのときに対応できるようにしておくことがとても大切なのです。
あなたの一生涯を見据えた形で、プランをご提案させていただきます。

私たち大進建設は車椅子対応住宅の施工実績も多数あり、それぞれのお客様の要望をお聞きして、車椅子生活の悩みを軽減いたします。

【お約束6】省エネルギー住宅、パッシブデザイン住宅

国は、高性能で優良な住宅ストックを目指しています。

住宅の断熱性能を向上させることにより、冷暖房エネルギーの削減がCO2排出量の削減につながり、地球環境の保全につながります。
ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)も省エネルギー政策として始まりました。
冷暖房エネルギーの削減は、光熱費の削減につながりますので、当社としても積極的に取り組んでいます。

住宅の性能に頼るだけでなく、自然エネルギーを有効活用するパッシブデザイン住宅
太陽光のエネルギーや、自然の風を最大限利用して、
快適さ(心地よく過ごせる家)光熱費削減を実現させます。

【お約束7】つながりを大切にする定期便『大進通信』

大進通信では、お客さまの実際の声や、こだわりのポイント、
メンテナンスの更新時期などのお知らせ、実際にあったリフォーム事例、
暮らしの豆知識などを掲載しております。

快適にお過ごしいただく生活情報をお届けします。

【お約束8】家づくりは一生のお付き合い

大進建設では、設計段階から施工、メンテナンスまで
一貫して責任を持って家づくりをしております。

お引渡し後も、一緒に歩み続けているという想いで、
毎年お引き渡し月(誕生日)に往復はがきにて、無料点検の案内を送らせて頂きます。

完成後も共に守り続けていくスタイルが当社の最大の売りです。

 

2.夢のマイホームを実現する自然素材の準備

あまり知られておりませんが、木材は製材し乾燥させて使用するまでには、大変な時間と手間と費用を要します。

大手住宅メーカーでは、この手間暇をかけることができないので、どこかで妥協して既製品をつかってしまいます。

窓枠やカウンター材などの無垢の化粧材は、製品として売っているものはなく、自社で準備するしかありません。夢のマイホームのための木材の準備である、製材、加工、乾燥までをおこない、保管しておきます。この工程をなくして自然素材をつかった家づくりは成り立ちません。

大進建設では自然素材、特に木材は製材してすぐには使いません。時間をかけて乾燥させ準備しておきます。

化粧桁材の在庫が少なくなると製材所に予約しておき原木を買い付けます。原木は長いので必要な長さに切ります。(たま取り)

どう製材するか考えてます。マグロの尾びれと一緒で小口を見て中身を予測します。

荒皮をとり砂汚れを洗い流します。(製材台車に載せたところ)

台車の方が動いて帯のこに向かっていきます。

う~ん「すばらしい!」

木目のつんだ綺麗な木は、女性で言えば美人(べっぴんさん)1cm/1年を目安に保管します。

施主様用に倉庫から出して、どの梁に使うか広げた所梁の番付け。

小口に製材した日付が書いています。乾燥収縮、くせりが出ますのでもう一度製材機に通しつり直ししていきます。

準備に手間と時間をかけると美しい仕上がりになります。

150年物の杉原木で、板材(カウンター)準備

板材も在庫が少なくなると製材所に予約しておき、原木を買い付けます。原木10m. 4・3・3mの3玉に切り分けします。

1番玉、製材セット!無節の見事な木目が出現!

板状にスライスして乾燥させる為、保管しておきます。

準備に手間と時間をかけると美しい仕上がりになります。

和室造作材の準備

新築工事で木材加工の工事前に保管している柱材を取り出し、どこに使うか検討します。(柱番付け)

無垢柱(本物の柱)の場合、一本一本違います。部屋が仕上がったとき室内に、向いている柱が統一感がある様に吟味します。(写真は4寸桧柱)

準備に手間と時間をかけると美しい仕上がりになります。