慎重に慎重に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

築100年以上の屋敷門を解体して

車の出入りがスムーズに出来るよう

外構工事をさせて頂いています。

重機を自分の手先の様に操る技術に感心しながら

お施主さまの見守る中、慎重に作業は進んでいきました。

想い出の沢山詰まった立派な梁は

お施主さまのご意向で、加工し再利用を考えています。

お施主さま・ご近所の皆さま、解体工事中の

ご理解とご協力、誠にありがとうございました。

関連記事

  1. ずっと臨月!?

  2. 避難中!

  3. 水替え

  4. 災除箸(ひばし)

  5. こんなところに

  6. 栗の渋皮煮

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。