住宅購入の前に確認したい頭金の注意点

 

「住宅購入をするときは頭金をできるだけ多く揃えろ」と昔から言われてきたのは、あなたもよくご存じだと思います。

最低でも物件購入額の二割が必要だ!とも言われてきました。ですが、そもそも頭金とはどんなお金の事を指すのでしょうか?

今回は住宅購入に必要な頭金とその注意点について解説していきたいと思います。

頭金とは

頭金とは、あなたが住宅購入をするときに支払えるお金の事を言います。

貯金の総額ではなく、あなたが住宅購入の際に支払い可能な現金です。

例えば貯金額が500万円で、支払える金額が200万円なら、その200万円が頭金になります。

頭金を揃えておく理由とは

頭金を揃えておく理由は、住宅ローンを組んだ時に月々の返済額を減らすことができるからです。

単純に考えてみれば用意した頭金の分、余分にお金を借りる事が無いので借入額を減らすことができるという事になりますね。

さらに、借入額が減ればローンの返済期間を短縮できるメリットもあります。

他にも、無理なく返済できる住宅ローン額であれば、頭金が多いほど頭金を用意していない場合より多く資金を捻出できるので、購入できる住宅の幅が広がると言えます。

頭金を準備できない場合の注意点

頭金を用意しなくても借入額を無理なく返済できる場合は良いのですが、もし頭金を準備することができない場合は注意が必要な場合があります。

まず、住宅ローンの審査が厳しくなるという事が挙げられます。

頭金が多ければそれだけ「貯蓄ができ、お金を管理できる人」と見られ、頭金が無ければ「貯蓄ができない人=お金が管理できない人=破産のリスクが高い」と見られる場合が出てくるのです。

頭金が無くても、返済能力があると判断されればその限りではありません。

また、最近では「頭金ゼロ」でも住宅購入額の全額を借入できることができるケースが増えてきました。これがちょっとクセモノなのですが、安易に頭金が必要ないからと言って住宅購入に踏み切ると、月々の返済額が家計を圧迫し、首が回らなくなるというリスクがあります。

ついには住宅を手放すことになってしまっても、住宅は建ったその瞬間から中古住宅になってしまうので、購入額より高く売れることはまずありません。

頭金なしで全額住宅ローンで賄っていた場合、売却額だけではローンを完済することができず、差額を別に用意しなければならない危険が出てくるので注意が必要でしょう。

さらには、諸費用や維持費、将来的には子どもの教育費などまとまったお金が必要な場面が出てくるので、やはり頭金はある程度用意しておくのが良いと言えます。

「頭金ゼロ」で早合点する前に、お金の使い道を冷静に見直し、無理が出てくるところはないかなどのチェックは入念に行うなど、一生に一度の大きな買い物を失敗しないように慎重に行動していきましょう。

関連記事

  1. 家を建てようと思ったとき、一番大切なこと①

  2. 北山杉 磨き丸太の話

  3. 住宅ローンの月々のお支払いについて

  4. 持ち家と賃貸はどちらが良い?比較してみた結果。

  5. 窓の結露を防止する方法

  6. ペットネット・虫イヤネット

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。